リンクサイト NEW ENTRIES
   
PICK UP

龍馬暗殺の黒幕

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/08/22(月) 09:36:37.68 ID:9g+pXn830
坂本龍馬暗殺の黒幕は誰なのか議論するスレ



4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/10/22(土) 03:35:09.95 ID:ntfv03OTO
今宵も龍馬観光史学の研究ぜよー



6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/11/10(木) 23:49:28.25 ID:Rba/kw7p0
見廻り組の犯行説でほぼ最新の学説は固まりつつあるようですが
では、命令を下したのは誰?容保?永井?
誰なんですかぁぁぁ?



10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/13(火) 11:34:34.17 ID:w/rmIabX0
>>6
指示されないと動かない
今のことは違いもんど



11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 01:17:53.93 ID:dap+ZJPa0
容保かな…竜馬暗殺を命令したのは。



ちょうどその時期って佐幕派も薩摩藩邸を先制攻撃するようなクーデター計画を立案しているんだよ。
大垣藩の藩士である井田五蔵が、老中に薩摩藩邸への先制攻撃と明治天皇の拉致(大阪城に確保)を老中に建白している。
会津、桑名はもとより紀州、大垣、津などの畿内の佐幕派諸藩もこの計画を支援している。



その直後に龍馬の暗殺劇。



慶喜の突然の大政奉還で徳川内部も大混乱。
内部は大政奉還に一本化されている訳でもない。
江戸だと老中や各種奉行職ですら大政奉還の取り消しと慶喜の江戸帰還がほとんど。



12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 09:53:53.23 ID:VkC3T3RV0
老中に建白しているのなら、幕閣、守護職を含めての合議と見なすべきだろう。
幕閣を無視して守護職単独で指示できると君は思うのかね。


楽天 DE 竜馬暗殺

竜馬暗殺 DVD

原田芳雄さんがいい! ♥

PICK UP


13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 11:47:46.71 ID:FeH6Ecy/0
京や大阪の薩摩藩邸への先制攻撃プランは、ある程度合意が出来ていた。
が、肝心のトップの慶喜がこの先制攻撃プランを拒絶してしまう。



朝廷での諸侯会議で議長や摂政に選出される可能性が大であり、それにかけていた事。
(暫定的に諸侯会議までは、行政執行を幕府に任せるという朝廷の決定文書はもらっていたが)
既に大政奉還し正式な将軍職でもないので薩摩藩邸や御所を攻撃する権限が無い事。
等を理由として慶喜は先制攻撃プランを採用しなかった。



>>11にも書いたが、突然の大政奉還で徳川陣営も大混乱状態。
幕閣ですら慶喜との意見が衝突している有様で、トップの意志決定が下の反発で行き届かない状態。



佐幕派クーデター計画も龍馬暗殺も慶喜の意思とは反する行為。
第一この時点での慶喜は龍馬の存在を知らない。それなのにどうやって殺すのよ?www



14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 12:29:20.78 ID:PemVVe1p0
>>13
で、一体君が何が言いたいのか分らない。



15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 13:01:25.90 ID:PemVVe1p0
板倉、手代木、永井、渋沢らは大政奉還後も不満を持っていたと丁卯日記にある(らしい)。
一方、容保は手代木によれば大いに不満を持っていると書かれているものの、それが事実かどうかは断定できない。



幕府が諸藩の人間を暗殺するのはきわめて非常識なことで、江戸時代といえど法治国家だからそれは許されない。
その証拠に清河八郎は老中の命によって暗殺されたが、関係者は全員罷免されている。



ところが龍馬暗殺の場合は、下手人は見廻組だと一部に漏れていたと思われるのに誰も処罰されていない。
これをどう考えるかだ。下手人は漏れていなかったのか、それとも幕末のゴタゴタした情勢のためにうやむやにされたのか…。



16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 13:25:18.40 ID:PemVVe1p0
容保が、幕閣の命を受けて、あるいは手代木ら家臣の声に押されて、龍馬暗殺を決意することは考えられる。
しかし容保が、単独で、自分だけの意志で、龍馬暗殺を決心することは考えられない。
容保にはそこまで龍馬を憎まねばならない理由がないからである。



しかし永井にはある。永井にとって幕府崩壊は自分の食い扶持を奪われることだからである。
生活の基盤が失われるのである。失業するのである。路頭に迷うのである。



17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 14:19:06.99 ID:lu4UPHTrO
>>16
意味不明
松平容保はこの事件の後も徳川慶喜の大政奉還へ対抗を止めていない。



18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/23(金) 15:15:17.75 ID:i2QIJT0+0
>>17
具体的にはどんな行動を指すのかな?



19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/24(土) 00:51:55.87 ID:jNX4pYtR0
>>16
>しかし容保が、単独で、自分だけの意志で、龍馬暗殺を決心することは考えられない。
>容保にはそこまで龍馬を憎まねばならない理由がないからである。



容保には、あるんじゃね?
大政奉還は、そもそも船中八策から始まったんだし。
会津藩にとっては、龍馬は迷惑な存在でソ。



>>17
紀州藩も大政奉還のサボタージュ止めていないよ。
慶喜に江戸帰還すら要請している。



20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/24(土) 09:43:21.38 ID:SMgT3bPT0
>>19
容保と船中八策がどう結び付くのかまったく意味不明。



21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/24(土) 11:15:36.78 ID:SMgT3bPT0
君らは何か勘違いをしていないか?



幕府が潰れるからといって、会津や紀州のような佐幕藩が潰れるわけではないのである。
幕府が潰れて困窮するのは幕臣である。德川家の家臣である。



だからこそ永井は、将軍の辞官には納得したが、納地の話になった途端にいつもの温厚さに
似合わず憤激したのである。 德川家の領地没収となれば家臣にとっては死活上の大問題である。



容保と永井。どちらにより強い動機があるかは明白である。



22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/24(土) 12:48:16.56 ID:c4TASKh80
龍馬が殺された慶応3年11月15日の段階では、納地の話出ていないよ。



むしろ慶応3年9月26日には、旗本領からの貢租収入の半分を幕府に拠出させる命令が出ている。
つまり旗本領約300万石の半分は、幕府が収交したも同然。



納地の話が出てくるのは、王政復古以降から。
つまり12月9日から出てくる話。



23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/24(土) 15:06:59.24 ID:liqBl3t20
では君らに真相を教えてあげようw



井田や三浦は憤激していた。土佐藩討つべしの声も上がっていた。
しかし後藤や福岡のような大物を狙うわけにもいかない。そこで標的を坂本と中岡にした。



井田と三浦は近藤勇に話を持ちかけた。近藤もその気になった。しかし上司の許可がいる。
容保と永井、どちらにすべきか。永井にしたと私は見る。その理由は-



1 近藤は永井と同伴して後藤の話を聞くなど、普段から永井と接触があったが、
  容保は守護職屋敷に籠ってニート状態だった。
2 近藤はこのとき幕臣で、同じく幕臣の永井からの許可だけでよいと考えた。
3 暗殺に新選組を使うと容保の許可がいる。容保は幕閣に相談するだろうから、その時点で暗殺計画がばれる。
4 見廻組は幕臣の集団だから幕臣の永井だけの許可で動かせる。
5 永井は幕閣で、永井個人の独断だけで暗殺指令を出せる地位と権限を持っている。



以上の理由から井田、三浦、近藤らが永井に相談し、永井がゴーサインを出した。



24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/24(土) 17:39:00.36 ID:d7d1GS+60
真相じゃなくてあなたの希望的観測でしょw



25 :卑弥呼は九州にいた:2011/12/24(土) 18:36:49.64 ID:GIROKHcC0
永井は大政奉還に望みを託していたし、龍馬とも会談しているから、
暗殺指令を出すはずがないという意見もあるだろう。



なるほど、それはそうである。しかしこういうことも考えられるのだ。
最初はたしかに永井は龍馬と会談し、大政奉還にも理解を示していた。
しかしそのうち龍馬が戦争に備えて銃を大量に土佐藩に入れたという情報を得た。



龍馬への信頼が一気に憎悪へ変わる。(おのれ、謀りおって!…)かくして暗殺決意、と。



26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 00:19:25.07 ID:CffPgkzJ0
1.実行犯は見廻組プラス旗本有志



2.黒幕は勝と永井



3.勝は龍馬の怨霊化を恐れて、維新後、龍馬の「英雄的偉業」を喧伝



3.結果として西郷も満足



5.新選組をオズワルトに



27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 13:27:35.35 ID:fmX+gaC30
龍馬と徳川家って春日局でつながるって知ってた?



28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 13:47:06.13 ID:fayRnJyS0
別段、永井が暗殺を選択する「切羽詰った」状況下ではなかったと思うけど



要は再度龍馬を呼んでその場にて「捕縛」でいいわで
理由は寺田屋襲撃時の嫌疑にて十分であると



第一、意思疎通したろうが敵方みたいなものだったわけで>永井
直後に襲えば、まさしく会津共々「疑われて」至極当然
実際、後日後藤らに詰め寄られたでしょう?



29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 15:21:06.77 ID:42vzfp3o0
「切羽詰った状況下ではなかった」というならどこもそうだと思うが。
「切羽詰った状況下だった」というのはどこなのか。



30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 16:20:20.76 ID:fayRnJyS0
考えられるのであれば、佐々木らの「単独行動」とか



理由としては、やはり捕縛されても可笑しくない龍馬を上層部がスルーしているとところに憤慨
しかも駐屯傍を「堂々」と行き来ww
元は格下たる新撰組のが世に知れ渡り、では「こちらは?」というと然したる成果は無い状態
直前、幕府別働隊と騒動を起こし「敗北」w面目丸つぶれ状態



そこに龍馬殺るチャンス到来~って線w



31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 18:58:32.03 ID:Op3ShYkb0
>直前、幕府別働隊と騒動を起こし「敗北」w面目丸つぶれ状態
これについて詳しい説明希望



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 19:33:02.08 ID:fayRnJyS0
慶応3年3月24日
在京の幕府歩兵が徒党を組み、与頭佐々木只三郎、同内藤七太郎の旅宿へ発砲するという事件発生
http://freett.com/sukechika/ishin/sabaku/set04-02.html



佐々木の欄にて詳しく



33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/25(日) 21:52:08.45 ID:J9n01Oxp0
それなら知っているが、直前ではないな。



34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/26(月) 13:01:10.18 ID:RzcVdjsj0
時間間隔て人それぞれかぁ
では今年一年、果たして「長かった?短かった?」みたいな



36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/26(月) 21:13:17.02 ID:ne0bry1h0
ヒマだから、以前書いたことをもう一度書く。



司馬遼太郎は、自分の代で幕臣に取り立てられた者ほど、幕府への愛着を持っており、
幕府が潰れることに憤りを持っている、と書いている。
永井、佐々木、近藤、渋沢らがそれに該当する。春嶽が風聞として書き残した原市之進もそうである。



龍馬暗殺を企てるのは、この連中がいちばん怪しい。



37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 00:24:19.90 ID:Opq7Us/90
つまり、京都に招かれて守護となった松平容保が、司馬の説ではその中で一番怪しい。



38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 00:28:44.57 ID:Opq7Us/90
松平容保を擁護する人は別の人を挙げようと必死だが、
その人が挙げる他人の動機とやらは、松平容保の動機と考えたほうがしっくり来る。



例えば京都で取り立てられて権勢を振るった者が怪しいなら、松平容保が一番怪しい。
家柄を飛び越えて権威を得た成り上がり者が怪しいのなら、京都に迎えられた松平容保が怪しい。



他人のせいにしようと必死な割りに、松平容保の出身を考慮していない。



39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 09:24:17.51 ID:Kvjk5pAj0
>>37~>>38
松平容保は藩主であって幕臣ではないのだから、君の主張は無意味。
また会津藩はいやいやながら守護職を引き受けたのであって、君が書いているような栄進ではなかった。



永井については調べれば調べるほど怪しい資料が出てくるが、容保については何一つ出てこない。
会津藩は資料を処分したからだというかもしれないが、要するに容保を黒幕とする人は、
手代木の遺言と、見廻組が守護職の配下だったという単純な理由だけを根拠としている。



私に言わせれば、下手人が見廻組だったということがむしろ黒幕が永井である証拠である。
その理由は>>23の3で述べた。



40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 15:17:28.82 ID:vgBixggV0
甘いねー、もうじき、あっとおどろく為五郎が出るらしいよ。
 そちらの方が、がぜん、おもしろいらしい。
 小説家の龍馬暗殺の本は、駄目だとさ。



41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 19:21:44.18 ID:wDwK8KNV0
誰が黒幕でも驚かない。考えられるほとんどの人物は考察した。



42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 22:45:01.24 ID:vgBixggV0
41さん、そんな大口をたたいて良いのかな。
ほとんどの人物を考察したと述べたが、それは、甘いということですよ。
 驚かないのは、構わないけど、
 真摯に受け止めることも、できないと駄目ですよ。
 今後、おもいもかけない人物が出てきた時。



43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:05:09.07 ID:phJEAY9g0
私が驚くとしたら、松平容保が犯人だったときだけだろう。



慶喜、勝、春嶽、容堂…だったとしても驚かない。
もちろん薩摩でも驚かない。
ただし長州だったら少しは驚くだろう。
あとは…外国人だったらやはり少しは驚くだろうか。
他では………龍馬のごく身近な人とか…。実は私はお龍さんの関係者ではないかと疑ったことすらあるのだ。



44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/27(火) 23:40:55.91 ID:vgBixggV0
 驚くな!とは行っていないのだよ。
文章を良く見なさいよ。謙虚になりなさいといっているのです。
 でも、永井の説も悪くはないけど、大政奉還と、王政復古の間で
龍馬は死んでるし、永井が大政奉還を失敗とほぞをかんだんのは
王政復古後だからね。ここが大きな弱点。



45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 04:10:02.89 ID:5ukAwS6P0
十中八九、松平容保なわけで、他人をいくら上げても無駄



46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 04:39:21.74 ID:5ukAwS6P0
実際、永井尚志は、最初から大政奉還に敵意を漲らせていた松平容保に比べると、
暗殺を行う動機が弱い。



土佐藩が薩摩藩の了解が得られずに大政奉還への動きを中断させていた時に、
なぜ大政奉還を提案しないのかと、大政奉還の提案を出すように永井が小言を
言ったという記録が残っているし、



その後、別にもっと良い手段があるのではないかと迷っていて松平春嶽などから、
お前の計画なのに覚悟が足りないと小言を受けた 話もあるが、それは>>36の主張するような
幕府が潰れることへの憤りではない。
永井尚志は新しい政権の中枢に座ることを意図し、積極的に幕府の解体をやろうとしていた。



この希望が破れるのが王政復古、そして鳥羽伏見の戦いによる朝廷・薩長連合の政権化であったのだが、
坂本龍馬暗殺は、永井がまだ大政奉還に夢を抱いていた時期のことだ。



47 :卑弥呼は朝鮮にいた:2011/12/28(水) 10:13:52.87 ID:CDy8+pnK0
>>46
>>25のようなこともありえますよ。永井は射手座。射手座は二面性がある。
容保は山羊座。山羊座の特徴は慎重なこと。石橋を叩いて渡るタイプ。
龍馬を暗殺するとなると、必ず幕閣に相談したと思う。
会津藩だけで勝手に決めて実行するとは思えない。



48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 12:05:23.01 ID:yDw3bH2q0
止めてくれるかな。星占い。それより、薩摩藩の西郷説は、
どうなのよ。会津びいきの中村??が、最近も本で、薩摩藩を唱えて
滑稽だけど。半藤も薩摩説だけど、
 二人とも、東北出身は、会津藩は、犯人にしたくないのよ。



49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 12:35:11.00 ID:xyV5XCXs0
星占いも立派な材料だ。犯罪捜査では男か女か、大人か子供か、血液型は?…などを捜査資料とする。
星座は日本では無視されているが、アラブ世界では星座で結婚相手を決めているという。
私は占星術を学んだから、それも資料として利用する。



薩摩説はないと思う。



50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 14:59:38.39 ID:3ozYxAIS0
知り合いに宿の斡旋をたのんでおきながら「無警戒?」てのが解せない



51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 18:18:26.16 ID:yF0ybfr+0
一般に言われているのは、永井と会談したりしているから油断していたのだろうということだ。
つまりそれも永井を怪しいと思わせる一根拠となっている。油断させておいて暗殺したということだ。



暗殺するなら、永井を訪ねてきたときに殺ればいい、とか、永井邸からの帰宅途中に
殺ればいいという意見もあるが、それでは永井が疑われてしまう。



52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 23:13:41.55 ID:5ukAwS6P0
坂本龍馬及び中岡慎太郎暗殺事件は、旧幕府系の犯行というのは動かない。
実行犯に見廻組隊士の証言があるのみならず、新撰組の当時の行動も極めて怪しい。



まず、大政奉還を後藤象二郎が諸藩、特に会津藩に通知してからの近藤勇の行動をみると
・大政奉還建白書の写しが欲しいと書簡を送る
・正親町三条を脅迫し、大政奉還をするなと言う
・徳川慶勝と松平春嶽に、会議を欠席し大政奉還推進を止めるように脅迫



また、暗殺事件の直前に、新撰組が土佐藩邸や陸援隊屯所を監視していて気持ちが悪い、
という海援隊隊士の書状がある。そして暗殺事件後に新撰組隊士が、「近藤勇が佐々木只三郎に、
龍馬暗殺の首尾感服しました」などと近藤が言っているのを聞いている。



つまり新撰組特に近藤勇は、坂本龍馬暗殺計画を事前に知っていた。
坂本龍馬暗殺は、新撰組と見廻組を同時に動かせる人間の命令ということになる。



53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/28(水) 23:36:37.59 ID:6xm5MRwMP
つまり薩摩か



54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 00:32:20.04 ID:ihIg+8mK0
中村半次郎やでえ



55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 02:49:16.49 ID:8aDu54JX0
近藤勇と新撰組の行動を見ると、
新撰組の大政奉還への敵対行動は、土佐藩が会津藩などに、大政奉還建白書を
旧幕府へ提出したと通知した直後から始まっており、



近藤勇と佐々木只三郎が、暗殺事件直後に互いに暗殺の同士だと認める言動を行っていることを
考えると、 見廻組も、全く同じ時期に坂本龍馬を狙う行動を具体的に始めたことになる。



これは永井尚志が大政奉還を知った時期よりかなり後で、しかもこの頃は永井尚志も板倉勝静も
大政奉還成立に向けて 精力的に活動していた時期にあたる。
何しろ、徳川慶喜が朝廷に提出した大政奉還願は、板倉がこの時期に国許へ依頼して
書かせたものであることが判明しているから。



すると、>>23で、新撰組と見廻組を統括しているのは永井だから犯人は永井なのだ、として
いるのには大きな疑問がある。 永井や板倉が精力的に大政奉還を実現しようとしている時、
既に暗殺者は坂本らを狙っていた。



また、>>23で松平容保はニートだから犯人じゃない、という言い方もおかしい。
松平容保は、気に入らない大政奉還や長州の復権問題討議に関しては、病欠申請を
連発しで全ての業務を停滞させたが、 同時期の黒崎への武器搬入、新撰組などを用いた監視などは
強化されており、容保はやりたいことに関しては貪欲且つ旺盛な行動を見せている。



56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 04:39:39.44 ID:S2qTe1AU0
永井尚志も慶喜に薩長軍の入京阻止を進言しているけど、
坂本龍馬暗殺の11月15日より少し後なんだな。



11月の末ごろの事で、これだけみても永井の龍馬暗殺への関与は薄いと思う。



容保が会津藩邸に引き篭もっているからニートとは限らんよな。
部下にやらせれば良いのだから。



57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 09:02:25.98 ID:85lW+AEd0
>>52>>55は容保先生でござるなw 先生にしては説得力ある投稿でござるw
しかしまだまだ甘いぜよ。



たしかに近藤勇は暗殺前から暗殺計画を知っていたと思われる。しかし他の隊士は
知っていた様子がない。 それは後に新政府軍に捕まった隊士たちが口を揃えて
「われわれは知らなかった」という旨の証言をしていることによって分かる。



とすれば暗殺前から知っていたのは近藤だけだ。ということは近藤、佐々木、井田、
三浦、渋沢らが計画を立て、 それを上司に進言したのだと思われる。すると後は>>23で
私が述べたような推理に結びつき、結局近藤らは永井に進言したと思われる。



>>55は事実誤認がある。永井は近藤よりずっと早く大政奉還建白を知っている。
>>56も、それは永井が幕府に愛着を持っているからで、やはり幕府崩壊に対して腹を立てているからである。



58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 11:03:49.76 ID:OFczdJEwP
って事は長州藩の誰かか?



59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 11:32:08.54 ID:8aDu54JX0
>>57
事実誤認はあなたのようです。永井は近藤よりずっと早くに大政奉還を知っているし、そのように私は書いています。



あなたの憶測は穴が多い。近藤の暗殺に同心していた行動を考える上で、
永井が大政奉還に邁進していた時期とのずれが問題なのですよ。



近藤や佐々木が坂本龍馬暗殺に向けて行動していた時期は、永井は大政奉還推進に懸命だった時期なのですよ。
この時期に坂本を呪っていた人間といえば、黒崎に重火器を運び込んでいた松平容保さんなわけです。



60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 11:49:37.40 ID:8aDu54JX0
>>57
> 56も、それは永井が幕府に愛着を持っているからで、やはり幕府崩壊に対して腹を立てているからである。



これはあなたの話のすりかえです。永井は大政奉還によって幕府に代わる新政府の中枢に就くことを
確信し、 大政奉還を積極的に推進しています。
彼の姿勢がその後反新政府になったのは、王政復古と鳥羽伏見の戦いで、彼が新政府から逆賊の汚名を
着せられて追い出されたからです。



司馬遼太郎の言葉だから権威があるという主張は、陳腐です。



61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 12:43:04.86 ID:z9pzn4HG0
>>59>>60
では聞くが、その黒崎に重火器を運び込んでいたというのは松平容保あるいは会津藩の単独意志によるのか。
それとも幕府からの指示によるのか。



また新選組等が土佐藩の監視を強化したのも、守護職もしくは会津藩の単独指令によるのか。
それとも幕府からの指令によるのか。



どちらも守護職もしくは会津藩の単独意志によると証明でもしないかぎり、あなたの意見は説得力を欠く。



62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 12:57:01.20 ID:YV/HneOj0
>>61
お説ごもっともなのだが、「彼」には通用しないんだよwww



63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 13:02:51.23 ID:w2IeAd8r0
よく言われることだけど、中岡が真の標的ってことはないの?
龍馬はその場にいたおまけ扱いで
中岡の方が幕府にとってアンタッチャブルな存在なきもするけど



64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 13:50:20.01 ID:YV/HneOj0
では何故に彼に「留め」を刺さなかったのか?
一説には「死んだマネw」若しくは隣の家の屋根に逃げていた等々



屋外・内の違いは当然あろうが、清岡に対して「2名」で望んだ人物が
それと同等か+αにて望んだにもかかわらず
ナマス斬り程度で済ますとは考えられない



65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/29(木) 22:04:50.35 ID:w1pxZJYF0
>>62
いや、しばらく見ないうちに容保先生もなかなか腕を上げたようだ。
実は私も内心タジタジしている。



66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 00:55:22.46 ID:3b0h0qyK0
永井は、薩長による王政復古のクーデターを阻止する進言は慶喜にしているが、
大政奉還や朝廷への政権一元化には反対していない。
永井は王政復古のクーデター直前に後藤に新政権では郡県制が採用され、
幕藩体制よりも中央集権化される事を報告している。



10月14日に大政奉還がなされ11月に入ると二条摂政や中川宮までが辞意も洩らし始める。
そこで後任の摂政には時局ガラを考えると五摂家は無理で徳川慶喜が任官すると言う
噂が流れている。この動きに合わせて、五摂家や清華家などの上級公卿が、徳川慶喜に
将来の政権構想の意見書を提出するよう求めた。そして五摂家は、ニ条摂政に太政官
八省庁の復興案を提出し、朝廷新政府の組織構築の動きまで出始めている



この動きを断ち切ったのが、薩長の王政復古のクーデターだ。
薩長の邪魔が無ければ、慶喜主導の朝廷新政権が出来ていた。これには永井ら在京幕閣は反対していない。



67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 03:27:52.02 ID:0r0bB7xy0
>>62
永井説に根拠がないことについて、あなたは何も語らないし



68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 03:37:39.17 ID:0r0bB7xy0
>>61
永井が坂本龍馬に、安全に留意すべきと助言を与えていることを考えれば、
少なくともあなたの言う「永井が命令した」は可能性が薄いと思われますが。



69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 19:28:41.87 ID:4yznLZo30
>>66
>大政奉還や朝廷への政権一元化には反対していない
>薩長の邪魔が無ければ、慶喜主導の朝廷新政権が出来ていた。これには永井ら在京幕閣は
反対していないそれは容保についてもまったく同じことが言えるのではあるまいか。



>>68
>永井が坂本龍馬に、安全に留意すべきと助言を与えている
そのソースは暗殺当日に永井が中根に語った言葉ではないのか。
他の資料が根拠ならともかく、永井が語ったことだからそのまま信用するわけにはいかない。



70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 19:37:18.51 ID:Pbcvz5+C0
 いくら、永井尚志だ、松平容保だと言っても、
明確な証拠なり、状況証拠がないと、駄目ですよ。
 二人とも、幕府側というだけですから、根拠は。
 それでは、話にならない。
 驚きの真犯人、黒幕が、今後、突然出るかも。???



71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 19:51:50.38 ID:5h+8iLOH0
>永井が語ったことだからそのまま信用するわけにはいかない
そう判断すると、龍馬を評した維新獅子の話も
「信用」出来ないよなぁ~と



72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 19:53:33.39 ID:5h+8iLOH0
>>70
いや、パズルで言うなら「ピース」はほぼ埋まっていると思う
ただ、暗殺につながるピースが
埋まっていないだけだと思う



73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/30(金) 22:35:32.09 ID:ggiw72vQ0
>>70
驚きの真犯人、黒幕について、なにか新説をお持ちなのですか?
もしそうなら、是非披露してくださいよ。



74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/31(土) 03:45:40.80 ID:bWwDfwkU0
>>69
>それは容保についてもまったく同じことが言えるのではあるまいか。



会津・桑名両藩は、朝廷新政府ではポストが確約されては居ない。
むしろ排除されている。この為に幕藩体制から朝廷新政府設立への
構想を持った龍馬は、会津藩にとって邪魔者でしかない。



紀州藩も16代将軍候補を抱えているので、慶喜の大政奉還には内心反対。
田安亀之助に早いトコ将軍職を繋げたい。



75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/31(土) 08:42:38.06 ID:9CX4uV1K0
>>74
会津桑名が朝廷新政府でのポストが確約されていないからといって、会津桑名が潰されるわけではない。
全国のどの藩も潰されるわけではないのだ。徳川家もあの時点では潰されると決まっていたわけではない。
德川幕府が大政権を朝廷に奉還しただけ。



龍馬を殺したからといって朝廷新政府でのポスト獲得には何の利益もない。
幕府にとっても会津桑名にとっても。



76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/31(土) 10:03:46.47 ID:5s7FoLEq0
73さんへ
 新説があるかということだが、来年には、出てもおかしくないよね。
磯田氏の「龍馬史」で納得するやつなどいない。
 ど素人を磯田氏は歴史家と言いながら、推論でだましたようなもの。
 歴史家のやることではないからね。
 そういえば、中村氏も会津びいきで、今年、また、薩摩説を
唱えてるけど、そうか、中村氏の本も出てたか。
 もう、何年、薩摩藩説を唱えてるかな????



77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/12/31(土) 10:55:36.86 ID:C4w4YMxX0
「贔屓」ってなんだよwな話
会津絡むと「思考停止」が多くなるのが問題



78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 11:19:18.95 ID:QO1lHB+Z0
>>75
>会津桑名が朝廷新政府でのポストが確約されていないからといって、
会津桑名が潰されるわけではない。



諸侯は京都守護職と京都所司代の罷免を要求しておりました。
つまりこの両名は永井や板倉と違い、大政奉還の後の新政権成立でお払い箱が
確定していたわけです。 大政奉還自体を嫌うわけですね。



79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 12:58:32.80 ID:RHxrk+XU0
>>78
会津藩が、最初、守護職就任を拒否した理由は知らないが、膨大な出費になるから、
藩財政を圧迫することがその理由の一つだったのではないのか。
藩の破滅を覚悟で引き受けた、というようなことを、どこかで読んだような気がする。



そうすると、お払い箱になることは藩にとって必ずしも不利ではない。
むしろ内心喜んだかもしれない。



80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 13:36:10.37 ID:YOJ1OI7hO
坂本は大政奉還の後ハシゴを外されたなw
自分でかけたつもりのハシゴを



81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 14:25:24.61 ID:QO1lHB+Z0
>>79
残念ながら、松平容保の京都守護職への未練、固執は並々ならぬものがありまして、
西郷頼母ら国許の帰還要求を再三はねつけ、西郷には処罰を与えております。



京都の権力に酔っていたのでしょう。



82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 14:30:53.45 ID:QO1lHB+Z0
>>79
また、鳥羽伏見の戦いにおいて、必ずしも開戦に積極的でなかったとされる徳川慶喜の
意見を無視し、京都への進軍を主張したのが、他ならぬ松平容保らであったことを考えると、



松平容保の京都守護職への復帰への執念は、主君の意すら押しのける強烈な
ものであったといわざるを得ないのです。



83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 21:03:05.71 ID:d/LhV2CR0
>>81>>82
あなたの書いていることが真実なら、たしかに、容保がかぎりなく怪しいということになる。
しかし歴史の真実を見極めるのは極めてむずかしいものである。



たとえばミャンマー。軍事政権が悪でスーチー女史が善という構図が出来上がって
いるが、真実は逆で、軍事政権側こそかつての植民地時代に最も虐げられた側であり、
ビルマ独立のために闘ってきた側である。また先の大戦で日本はアジアを侵略したと
言われるが、事実はアジア解放のための戦いであった。



薩長が勝ったので会津は悪者とされているが、真実は分らない。
容保を必要以上に美化するのも考え物だが、必要以上に貶めるのも真実から離れることになる。



84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/01(日) 21:34:51.25 ID:eKsNL4VG0
そんなに小難しく考えることはない
「だから」容保がやった・・・・という「証拠」にはならないから



85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 07:21:43.84 ID:anMo+Z5P0
残念ながら>>78と>>81が事実。



王政復古のクーデターで慶喜が提出した将軍職辞表は受理された。



残る京都守護職と所司代をどうするかで朝廷新政府の三職会議は紛糾大議論になったが、
慶喜が、二人を解任してあっけなく落着してしまい、薩長もほっとしている。



そもそも薩長とも討幕戦争は、
京都守護職と所司代職などの京の支配権を巡って始まると思っていた形跡がある。



それを慶喜側が切ってくれたので京都守護職と所司代職は、争点にならなかった。



慶喜も、そろそろ容保は京都守護職を辞める頃合だと思っていたんだろう。
だったら畿内に近い桑名藩はともかく、この時点で慶喜も容保を江戸か国元に返すべきだっただろう。



大阪城に会津藩兵や容保を置きっ放しにした慶喜も悪いね。
3千数百名の会津藩兵なら幕府海軍軍艦数隻に乗せて江戸に戻す手もあった。
紀州藩の軍艦を借りても良いしね。



86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 08:40:56.54 ID:q5K0AJki0
京都での権力に酔っていたという点では永井にもその気配がある。
龍馬暗殺のちょうど一ヶ月後に若年寄に栄進。旗本としては異例の大出世。
自己の出世のために龍馬を暗殺したという見方も考えられる。



近藤、佐々木、渋沢らの一代幕臣組が功を焦ったという見方も可能だ。



87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 11:32:25.54 ID:N3VO0LK20
慶喜の幼少のころの逸話の有名な話(wikiにも)で”寝る際には枕の両側に剃刀の刃を立てさせ・・”な件
実は、それに関して慶喜は「幼少の自分にいつまでもそのような刀を傍に置いておくはずがない」と
すでに認識していたとする話も残っている



要は「周りが結局どうにかしてくれる」「自分は将軍だから」的思考の持ち主であったと
慶喜にとって会津・桑名は「格好」の餌だったわけさ~



いざなときのね(相手へのね)



88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 16:33:44.63 ID:h9KRs8MN0
>>86
>永井にもその気配がある。
残念ながら、そのような説は聞いたことがありません。



また、諸侯に嫌われ罷免を要求されていた松平容保・松平定敬と違い、
他の旧幕府官僚には新政権内での官僚として再雇用の道がありました。

板倉・永井らの旧幕府への大政奉還説得での口上は
・徳川慶喜は二条公に代わり、幼少の天皇(=明治天皇)の摂政になる可能性がある
・新政権で徳川慶喜が首班となり、旧幕府官僚が官僚になり、諸侯が大臣として参加すれば、
旧幕府官僚は維持される
だったわけです。



しかし、諸侯が嫌い、罷免を求めていた松平容保・松平定敬には新政府における
任所がありませんでした。「無職で国許に帰国せよ」が徳川慶喜と諸侯の松平容保・松平定敬
への対応だったわけです。



この二人が大政奉還に強硬に反対し、大政奉還自体を潰そうと狙ったのは、
止むを得ないと思われます。



89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 18:21:30.13 ID:TjtDUXCK0
>>88
幕府の職は失っても藩主は藩主。藩が潰れるわけではないから帰国すればいいだけ。
また定敬は大政奉還の手伝いをしているのだから、強硬に反対していたわけではあるまい。
また大政奉還がなされてから一ヶ月が経っており、いまさら龍馬を暗殺しても大政奉還が
覆ることはないことくらい、容保も永井も理解していたはず。



90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 18:49:15.55 ID:h9KRs8MN0
>>89
>幕府の職は失っても藩主は藩主。藩が潰れるわけではないから帰国すればいいだけ。
>>81,82の再掲ですな。松平容保は地位に縋ったりはしなかったはず、と説くにしては、
未練がありすぎるのですよ。



91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 18:58:23.10 ID:h9KRs8MN0
>>89
>また大政奉還がなされてから一ヶ月が経っており、いまさら龍馬を暗殺しても大政奉還が
覆ることはないことくらい、容保も永井も理解していたはず。



これについても、松平容保らと江戸在住の幕府関係者らの起こした「大政再委任運動」によって、
京都の板倉・永井は、大政奉還を推進するために>>88のような説得を続けざるを得なかったわけですし、



これらの「大政再委任運動」で京都に押しかけた人間の説得が終了するのは大政奉還の数ヶ月後、
つまり坂本龍馬が暗殺された時点は、板倉も永井も、大政奉還に反対する松平容保や江戸の関係者の
説得に懸命だった時期に相当します。



そして、鳥羽伏見の戦いでは、進軍に消極的な慶喜を押しのけて松平容保らが進軍するあたり、
松平容保は大政奉還に納得していなかったと思われるのです。。



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/02(月) 21:20:02.01 ID:en7HNaPs0
>>91
疑問が二つ。
1 >これらの「大政再委任運動」で京都に押しかけた人間の説得が終了するのは大政奉還の数ヶ月後
数か月後はもう鳥羽伏見の戦いが始まっているから、何かのまちがいでは?
2 討薩の上表は慶喜が書いて朝廷に提出したのではないのか。。



93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 05:49:08.63 ID:B8oasyUQO
>>92
始まっていないと思います



94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 05:58:48.62 ID:B8oasyUQO
また、徳川慶喜が鳥羽伏見開戦に消極的だったというのには、本人の証言があります。
曰く、戦いを求める騒ぎが抑えられそうに無かったからやむを得ず書いた、と。



95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 06:06:32.88 ID:B8oasyUQO
要するに、大政奉還で新政権入りを規定路線にした慶喜、板倉、永井らと、
排除が決定的な松平容保とは、大政奉還への姿勢は異なる。



坂本龍馬暗殺事件は、容保の大政奉還への抗議として捉えられる。



96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 06:33:37.05 ID:iDzjunB/0
>>95
そうだね。
容保に新政府のポスト無いんだよ。
散々使われて、使い捨てなので可哀想ともいえる。



>・徳川慶喜は二条公に代わり、幼少の天皇(=明治天皇)の摂政になる可能性がある



慶喜とニ条摂政は、親戚同士。



慶喜摂政構想は、
山城一国(二十五万石)丸ごとを朝廷の直轄領として献上する事との引き換えだった。



禁裏御料と公家領併せて10万石だから、朝廷の貢租収入は3倍以上に拡大する。
それぞれの公家の朝廷からの歳費もそれに比例して拡大する可能性があった。
特に五摂家ら上級公卿への手当ては、拡大する可能性が大きく、
この時点での公卿の態度は、慶喜さまさまだった。



また、大政奉還時の細かい打ち合わせの時…



ニ条「大政奉還後も、今までどおり禁裏御料の管理は、幕府の御家人がやってね」
慶喜「はっ!?は…(そのくらい自分でやれよな!)」



97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 09:14:06.50 ID:aFnf4Io/0
>徳川慶喜が鳥羽伏見開戦に消極的だったというのには、本人の証言があります
本人の証言といえば、摂政就任の件は慶喜本人が否定しているのだが。
「そんなにことは知らない、永井などが勝手にやったのだろう」みたいな発言をしているのだが。



98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 10:54:19.43 ID:iDzjunB/0
慶喜の明治時代の言い訳では、大政奉還で幕府は、もう滅びました。
あとの事は、全てまわりの責任です、私は知りません。



と言うものだ。逃げているんだよ。



99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 11:04:25.50 ID:aFnf4Io/0
ということはつまり、徳川慶喜が鳥羽伏見開戦に消極的だった、というのも信用できないのでは?



100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 11:37:04.32 ID:3Ckih9/G0
慶喜だって、少しは鳥羽伏見で勝てるかもと、思ってた。と言うより、
堂々と、京都に幕府軍が押し入れば、薩摩の兵が引くかもしれない、という
淡い期待は持っていたと思うよ。でも、戦端が鳥羽伏見で起きちゃった。
 薩摩の兵は引くどころか、打って出た。
 幕府軍は戦闘での明確な指揮官が居なかった。薩摩藩兵が
引くと思いながら、京都に向かったのだから、戦闘態勢じゃないよね。
 で、初戦でくじけたのだね。指揮官不在で。
 そしたら、慶喜は、やばいと逃げる方を選択した。
 争いもなく、京都に幕軍が入り押さえればとは願っていたけど。



101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/03(火) 21:06:13.69 ID:oj1mlPAP0
では容保が鳥羽伏見開戦に積極的だったという資料を挙げてください。暇があれば見てみます。



102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/04(水) 03:00:56.18 ID:XcrStHf00
慶喜は、開戦時には、二股かけていたんだよ。
一方では、朝廷の議定会議での土佐、尾張、越前の斡旋工作に乗り
一方では、薩摩藩限定の戦争を考えていた。



江戸での薩摩藩邸攻撃の報が大阪城に来るまでは、
慶喜は、朝廷の議定会議での土佐、尾張、越前の斡旋工作を優先していたが、
薩摩藩邸攻撃以後は、幕臣達の進言もあり対薩摩藩限定戦争も併行して考え始めていた。



それまでの慶喜は、朝廷での次期摂政や諸侯会議議長の座がチラついていた為に、
幕臣や佐幕藩藩士の対薩摩藩先制攻撃計画を必死で止めていた。
だから容保の強硬策も聞き入れなかったし、会津藩は朝廷新政府での居場所もなかった。



慶喜も薩摩藩の関東におけるテロ活動やテロ支援活動には頭に来たんだろう。



103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/04(水) 09:52:24.12 ID:VZweVhWI0
>>102
あなたの投稿を読むかぎり、幕臣も容保も強硬策だったようだから、鳥羽伏見開戦時の姿勢で
以て龍馬暗殺の黒幕を推理することは不可能だと思われる。



他に何か容保が怪しいと思われる根拠や資料があればどんどん挙げていただきたい。
私は容保にも会津にも戊辰戦争にも興味がないので、その方面の知識がないのである。



104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/04(水) 21:21:26.66 ID:AQ/uArC50
話を振り出しに戻すが、龍馬暗殺が大政奉還への抗議だとすれば、
容保は龍馬が大政奉還の建策者だと知っていなければならないが、知っていたのだろうか。



むしろ、当時龍馬が何百人も隊士を引き連れて入京したという噂が立っていたし、
陸援隊のことも当然守護職は掴んでいたから、戦争になった際に備えて、機先を制して、
海援隊と陸援隊の隊長を暗殺したのではあるまいか。



105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 09:06:31.78 ID:byebvRKT0
「今井信郎実歴談」が近畿評論に載ったのは明治33年。
手代木が、龍馬暗殺は弟がやったと告白したのは明治37年。



佐々木が龍馬暗殺に関与したことは既に世間に知られていたはずだが、手代木は知らなかったのか…。



106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 09:14:40.79 ID:byebvRKT0
容保説の人は、永井がまだ大政奉還に望みを託していた時期に、容保が龍馬を暗殺させた、というが、
すると容保は、永井や板倉など幕閣の意向を無視して、暗殺を指示したということになる。



容保にそれほどの大胆さはあるだろうか。また、容保にそれほどの権限があるだろうか。
幕閣に知れたら大目玉をくらうはずだが。



107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 11:11:09.68 ID:r7LEDfuh0
>すると容保は、永井や板倉など幕閣の意向を無視して、暗殺を指示したということになる。



大政奉還直後は、幕府内部も大混乱だ。
幕臣や佐幕藩の藩士から強硬策(大政奉還の撤回と慶喜の江戸帰還)が噴出した。



慶喜と在京幕閣が、なんとか11月上旬に佐幕派諸藩と幕臣によるクーデター計画を押さえ込んだ。
特に慶喜は、強硬派幕臣に対して新政府での徳川家の存在の大きさを保証するような説得をしている。
慶喜の次期摂政職任官や朝廷諸侯会議議長就任の件だ。新政府でも徳川家は首班格だと説得している。
そうやって慶喜は、佐幕派のクーデター計画をなんとか押さえ込んだ。



その直後に龍馬が暗殺されている。
それをみると新政府に居場所の無い佐幕藩の仕業だと思うね、龍馬暗殺は。



108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 15:52:56.60 ID:lQsyohpU0
なるほど。いかにも説得力ある意見だ。
すると容保は、龍馬が大政奉還の建策者であることをちゃんと知っていて、
本当は後藤か福岡のような要人を殺したかったのだが、それはできないので、
龍馬や中岡を狙った卑劣漢だということになる。



容保がはたしてそのような人物だったろうか。
新政府に任官の余地がないことをそれほど悔しいと思うような人物だったろうか。



109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 16:32:12.94 ID:3l9wB8bN0
容保は、船中八策の考案者を暗殺する事で討幕派と公議政体派を牽制しつつ、
散々利用しておきながら、新政府に会津藩のポストを容易してくれなかった
慶喜や在京幕閣に対する面当てとしての龍馬暗殺を決行した面もあったかもね。



新政府にポストが無い会津藩は、幕藩体制護持以外に選択幅は無いんだろう。



110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 16:49:41.40 ID:lQsyohpU0
問題は、容保が、龍馬が大政奉還の建策者であることを知っていたかどうかだ。
まあ、龍馬が永井と会談しているから、永井から聞いて知っていた可能性もあるが。



一介の土佐藩士を暗殺したくらいで、政局は変わらないということくらいは分かっていたと思うのだが。
また、慶喜や幕閣に対する面当てとして暗殺を指示するような人物だったのだろうか。



111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 18:02:25.48 ID:zBoidkrK0
提案者が龍馬であるか知っていたかびついての部分に関しては
資料が必要。
個人的にはなぜ龍馬は寺田屋遭難のあたりで役人に追われていたか?
龍馬の手配書でも存在したのか?罪状は?
役人は三吉に関してはついでだったのか?
龍馬の顔が割れてたとして何時割れたのか?
が気になる。
寺田屋遭難以降は役人に手向かった、怪我を負わせた罪で追われるのは
不思議でもないし日常茶飯事の職務と変わらないと思う。



112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 18:14:06.58 ID:pP47VJQJO
寺田屋の変で会津藩士を殺害したお尋ね者、という事は根本的に暗殺の動機にもなるわな。
逃がしたから京で大恥をかいた訳だし。



113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 18:39:05.69 ID:ZhPggqeL0
>>112
寺田屋騒動で龍馬がピストルで射殺した人物が会津藩士だという資料はどこに?



114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 19:29:00.96 ID:pP47VJQJO
>>113
あれ、違ったっけ?



115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 21:13:31.87 ID:da4QJW0a0
>>114
伏見奉行所の捕り方に囲まれて襲われたのだから、そんな中に会津藩士がいるわけがないと思うが。



116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/05(木) 21:22:01.76 ID:da4QJW0a0
>>111
襲われた理由として考えられることは、薩長同盟の斡旋者であること、長州に武器を入れたこと
(当時それは禁止されていた)、
そして、これは龍馬の手紙に書かれていることだが、某大目付(当時の大目付は永井)が龍馬を
殺せと命じたこと、
それと当時長州藩士は入京禁止だったが、三吉が長州藩士だったこと、これくらいか。



龍馬の顔くらい幕府はとっくに把握していたはず。



117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 02:27:33.79 ID:/hD7CMw00
>>111
九州だったかな?そこの某藩の重臣が日記に
幕府重臣・老中らが「既に」龍馬の件を知っていたと書いていたはずだよ



118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 06:40:17.74 ID:/BHYrEim0
>>116
>襲われた理由として考えられることは、薩長同盟の斡旋者であること



これだろな、容保に目を付けられた理由は。
あと船中八策(大政奉還の原型)の立案者である事と、
会津藩と桑名藩を見捨てて新政府参加に舵を切った慶喜と在京幕閣への面当てと牽制。



>某大目付(当時の大目付は永井)が龍馬を殺せと命じたこと



これは、?



確かに永井は11月下旬に薩長軍の洛中集結の阻止を慶喜に提言したが、
慶喜は、大政奉還と将軍職辞任による権限不在により永井の提言を拒否している。



永井が、薩長との対決を公言するのは、龍馬暗殺から少しあとで、時期としては少しずれる。



永井は、大目付の職責として諜報活動はやっており、龍馬の事も知っていた可能性は多きいけどね。



大目付は、大監察とも言われ、
大名・高家及び朝廷を監視して、これらの謀反から幕府を守る役割を持っていたからね。



119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 15:00:48.67 ID:Ktodd4b50
暗殺時点で、龍馬にちょこちょこ動かれて困るのは、
幕府ではなく薩長だったけどね。



120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 18:09:25.90 ID:XHdeg9Bp0
>>118
倒幕派以外の陣営の記録で
薩長同盟が坂本某の斡旋により成立とか
新政府綱領八策が坂本某主導って知っている資料は現存する?



大目付って名前はたいそうだけど中期以降はほとんど閑職だった
らしいじゃん。そこら辺はどうなの?



121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 18:29:30.62 ID:VSaS3tje0
>>119
八田知紀は和歌を通じて佐々木只三郎と親交があったから、薩摩が龍馬を消そうと思えば簡単だ。
八田が佐々木に「龍馬は慶喜を新政府のトップに据えることを約束しているが、そんなのは嘘だぞ」と告げる。
佐々木が容保か永井に進言→暗殺決行となる。



渡辺篤も海江田信義と縁があったようだから、薩摩説を無視するわけにはいかない。



122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 18:41:08.40 ID:uxJvsnfY0
一々上司に報告・進言することはしないと思うがw



事後、後藤通じて永井が近藤に詰問・・・て話も、新撰組が「報告無し」に動いたのでは?
という疑いだったからで



本当に「詰め寄った」のならねww



123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 19:09:44.50 ID:VSaS3tje0
>>122
突発的な事態ならともかく、暗殺のような計画された行動で、上司の許可なく動くことはありえないと思うぞ。



124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 19:32:13.53 ID:uxJvsnfY0
当然「裁量」の範疇か否かにもよるところだと



以前より龍馬の件は重要案件だったはずだから(寺田屋の件、薩長等々)
「機会」あれば報告せずとも行動せよ・・・・あたりの命令はあっても可笑しくは無いと



125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 19:40:43.60 ID:VSaS3tje0
>>124
ということはつまり以前から許可を得ていたということで、結局、誰の許可を得ていたか、ということだな。



126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/06(金) 21:05:25.37 ID:d78W5suC0
 すごい新説がでるらしい。どこかの出版社から。



 大手の新聞社に、皆で、問い合わせをしよう!!!!!



127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 09:59:58.09 ID:2tImwbBK0
新聞社は知っているのですか。
 その新説?新しい資料なのですか?



128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 11:22:59.30 ID:2tImwbBK0
料類の再検これですね。アマゾンに仮だけど出ているよ。
 真面目なノンフィクションみたいだから、新聞社も動くかも。
 題名は、
「龍馬暗殺の黒幕は歴史から消されていた」 出版:彩流社



内容紹介(「彩流社」HPに出ている。)
・闇に葬られていた日記が語る衝撃的新事実!!
・暴かれた黒幕と新撰組の近藤勇らが複雑に絡み合った背後関係。
・巧みに仕組まれた暗殺の実行過程が詳らかに…。



「本書は、龍馬らの暗殺事件関係の資証を行ったものである。
そして、特にその中の『寺村左膳道成日記』の読み直しを通して、
そこに眠っていた、これまで語られることのなかった新事実を見つけ出し、
近江屋事件の真実や真相、真の黒幕を解き明かし、
事件の歴史的な評価をしたものである。
寺村左膳とは土佐藩の山内容堂の側用人で
大政奉還の建白書の草稿を執筆した人物である。」(「まえがき」より)



129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 12:39:26.52 ID:2tImwbBK0
 おい、永井説や、松平容保節など、騒いでいたけど、
 楽天市場などにも、アマゾン以外でも出てるぞ、



 真面目なノンフィクションみたいだから、新聞社も動くかも。
「龍馬暗殺の黒幕は歴史から消されていた」 出版:彩流社



内容紹介(「彩流社」HPに出ている。)
・闇に葬られていた日記が語る衝撃的新事実!!
・暴かれた黒幕と新撰組の近藤勇らが複雑に絡み合った背後関係。
・巧みに仕組まれた暗殺の実行過程が詳らかに…。



 これでは、永井説や容保節も、ふっとぶかもよ。



 **おい、永井節ら、誰か、出て来い。。。



130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 12:59:23.17 ID:T3GSu9TK0
ガタガタ騒ぐな。どうせたいした本ではあるまい。
内容目次を見てみたが、誰を黒幕に比定しているのか、どうも不明。
まあ本が出たら読んでみよう。



131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 13:42:35.25 ID:4pRJh0Qd0
三十人組連署組・・・・・てあるなw
てことは・・・・・・www



132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 14:23:55.25 ID:2tImwbBK0
 130さん
いやいや磯田道史の「龍馬史」とは、レベルが違う感じだねー。
 見た感じ。



内容紹介(「彩流社」HPに出ている。)
・闇に葬られていた日記が語る衝撃的新事実!!
・暴かれた黒幕と新撰組の近藤勇らが複雑に絡み合った背後関係。
・巧みに仕組まれた暗殺の実行過程が詳らかに…。



 だろう。目次をみても、「龍馬史」などとは、かなり違う感じ。



 磯田氏は、歴史家では無いと、つくづく思うが、
もしかして、磯田さん、笑い者になるかも、歴史家として
大学に籍を置いてるのに、「龍馬史」のような本出して、
 龍馬伝ブームに乗ったエセ学者と。



133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 14:42:52.47 ID:oi+CBCLR0
題名を見る限りは、山内容堂側近の日記からそれっぽいものを引っ張り出して、
「土佐藩上層部が新撰組か見廻組に情報を渡していた」、と結論付ける
趣旨の本なのではないかと思う。



しかしそれでは、事件後に後藤象二郎が、新撰組犯行説を出して旧幕府に責任を追及した際、
板倉勝静が、そのように思われるので処置する、だの返答するのはおかしい。



見廻組が実行犯であったことは事件当時、近藤勇らも承知していたとされており、
事件の後で、旧幕府上層部が事件概要を掴んでいなかったとも思えない。



旧幕府上層部は、暗殺実行者も命令者も把握していながら、土佐藩には説明できなかった。
土佐藩に公開できない人間が犯人だった、つまり実行犯の見廻組だけでなく、
命令者も旧幕府内の重要人物だったということさ。



134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 14:50:01.57 ID:5ys9lqwL0
子爵になった元土佐藩士谷干城の奇妙な講演
この章がポイントだろうな。w



135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 14:53:55.65 ID:oi+CBCLR0
日記や書簡の解釈は、解釈した人間が嘘を誘発することがよくある。



例えば、西郷隆盛書簡で、
「坂本暗殺事件後、後藤ら土佐藩が旧幕府との交渉を減らして薩摩に従うようになったのは
不幸中の幸いだった」を恣意解釈した上で、



「坂本暗殺(中略)は不幸中の幸いだった」
と書いて西郷が犯人だとなじった自称研究者もいるので、文章の解釈の部分には気を付けて
読まなければならない。



136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 15:00:18.13 ID:2tImwbBK0
 それじゃ、永井説????
 でも、題名は他のスレッド(龍馬暗殺の黒幕6)に出ている。
確かに、アマゾンに仮だけど出ているよ。他のネット販売にも。
 題名は、
「龍馬暗殺の黒幕は歴史から消されていた」 出版:彩流社
 だろう。



 歴史から消されていただからなー。
いずれにしても、本は小説ではない感じだから。
それに、「彩流社」の本は、ほとんど、大学関係とか
ノンフィクションの本ばかり。
 そうはいっても「龍馬史」みたいな大学関係の、
 本で推理だらけというのもあるけどねー



139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 18:05:25.63 ID:4pRJh0Qd0
何をもっての「黒幕」」なのか?



情報源ともかく実行は幕府側なわけだから、それらを「指示」した人物を



幕府側が行動を起こすであろうとふんで、それらを「手助け」した人物



はてはてー



140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 18:18:14.28 ID:RMXos0pO0
目次から類推すると、土佐藩佐幕派説のようだな。永井の名は出ていないから永井は
無関係とみているのだろう。 問題は見廻組との関連をうまく説明できているかどうかだ。



寺村左膳道成日記に決定的な証言が書かれているとは思えないから、著者の推理を組み立てた論だろう。ー



141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 18:58:59.04 ID:oi+CBCLR0
坂本龍馬暗殺事件は、史実では後の土佐藩による旧幕府への詰問に発展した。



このような事件を、新撰組や見廻組が独断でやるとは考えられず、
京都の旧幕府上層部の指示、または承認があったということになる。
つまり命令者は旧幕府内の要人だ。



もちろん新撰組や近藤勇の当時の行動から、後藤象二郎への書簡送付や土佐藩邸監視という形で
情報入手を行っていたことは間違いない。



しかし、「新撰組などによる情報入手の試みがあったから暗殺は土佐藩からの命令なのだ」、と
断定するのは飛躍が激しい。この部分で、日記の解釈を変えたり発想を飛躍させたりして
両者を繋げようと試みるのだろうが、上手くいくのか疑問だ。



142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 19:59:38.82 ID:2tImwbBK0
西尾氏の西郷隆盛説の欺瞞や、いろいろ、日記の解釈を変えたりと、述べてるけど、
そうゆうレベルのものなら、本にはしないでしょうよ。
 霊山歴史館の木村氏などは、この「龍馬暗殺の黒幕は歴史から消されていた」
という本を知ってるのかな??
 誰か、霊山歴史館の木村さんだっけ、知ってる人いる。



143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 20:20:20.09 ID:4pRJh0Qd0
真の黒幕は龍馬らの「背後」にいた・・・・じゃんw幕府側の人間を「背後」とは言わないでしょう~



あとは手記と日記との違いからとかからかな~



144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 20:38:39.17 ID:oi+CBCLR0
>>142
>そうゆうレベルのものなら、本にはしないでしょうよ。



いや、中村彰彦や星亮一なら、もっとくだらない理由で薩長説を出し、
論理もまったく変えずに、次々に別の本で全く同じ内容を主張する。



145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/07(土) 21:10:03.14 ID:2vCuWRNk0
タイトルから予想すれば野中太内説だろう。この人は戊辰戦争の際に切腹させられているから。



木村幸比古は馬鹿だからあいつの本は読まないほうがいい。
あいつの本を読むと誰でも容保は黒幕だと思ってしまう。



162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/09(月) 16:16:14.49 ID:2moR5r1C0
本の題名から予想すれば、野中太内を中心とする土佐藩佐幕派が、
なんらかの形で佐々木只三郎に接触して、佐々木が容保の内諾を得て、実行したという説だろう。



まあ、お手並み拝見といこう。



163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2012/01/09(月) 18:23:48.54 ID:ABqr5spY0
>162
 そうかなー
今度出る題名は「「龍馬暗殺の黒幕は歴史から消されていた」というの
だとすると、そんな単純なものかな。
 それに、どんな新事実から言うのかな。
 ここで騒いでる永井尚志説や松平容保節とは違うと思うが。


楽天 DE 竜馬暗殺

竜馬暗殺 DVD

原田芳雄さんがいい! ♥



いつも応援ありがとうございます
どうか!!ぽちっぽちっとよろしくお願いします



関連記事
リンクサイト NEW ENTRIES

テーマ : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
ジャンル :

'; tgtFrmCon1.open();tgtFrmCon1.write(inHtml);tgtFrmCon1.close(); tgtFrmCon2.open();tgtFrmCon2.write(inHtml);tgtFrmCon2.close(); document.addEventListener("DOMContentLoaded", function() { var meas_H = document.getElementById('meas').clientHeight; var OPENTIME = (meas_H*2.8);var open_ct = 0; var ss0 = ".open{height: 0px;}"; document.getElementById("open_ss").innerText=ss0; var open_point=document.getElementById('open_point'); open_point.onmouseover = function(){ if(open_ct>0) return; var ss1 = ".open{height: " + meas_H + "px; transition: all " + OPENTIME + "ms ease-in;}"; document.getElementById("open_ss").innerText=ss1;open_ct++; }; }, false); })(window, document);
ABOUT ME

ヒーコ

Author: ヒーコ
2ちゃんねるのまとめブログです。
好きなスレ、楽しいスレをまとめ
ていこうと思います。
更新情報をツイートします。
気軽にフォローしてください。

この記事をブックマークする
このブログについて

NEW ENTRIES
   ● 【画像】渋谷のOLさん、汗で蒸れ蒸れwwwww
   ● 【画像】こういう笑うと目がなくなる女の子
   ● 【GIF】この運転手の機転の利かせ方マジですごくね?wwwwwww
   ● まるで土鍋で炊いたようなお米が味わえる炊飯器「50000円です」土鍋「1000円です」
   ● 【画像】姉の免許証使って16歳でAV出てた黒ギャル
   ● 【悲報】66歳男性「くっそ!ガキにチャリで追い抜かれた…!くっそ!くっそ!」
   ● 【画像】ドスケベな恰好で野球観戦するエチエチ美女、見つかるwwwwwww
   ● 【画像】ナイトプールの若ママさん、大人の色気が半端ないwwwww
   ● 【画像】姉ちゃんが洗面台で半ケツで自撮り撮ってたwwwwwwwwww
   ● 百合子「感染者毎日増えすぎや…何とかせな
CATEGORY
   ● ニュース (1421)
   ● 芸能ニュース・噂 (51328)
   ● スポーツ (285)
   ● 料理 (61)
   ● 洗濯・掃除 (17)
   ● 美容・健康 (22)
   ● 映画・テレビ・本 (226)
   ● iPhone・iPod (40)
   ● 買い物 (578)
   ● その他 (196)
   ● 未分類 (0)
MONTHLY ARCHIVE
   ● 2020/08 (332)
   ● 2020/07 (1060)
   ● 2020/06 (1189)
   ● 2020/05 (1169)
   ● 2020/04 (990)
   ● 2020/03 (1098)
   ● 2020/02 (1060)
   ● 2020/01 (1094)
   ● 2019/12 (1118)
   ● 2019/11 (1088)
   ● 2019/10 (1185)
   ● 2019/09 (1137)
   ● 2019/08 (1140)
   ● 2019/07 (1116)
   ● 2019/06 (1102)
   ● 2019/05 (1152)
   ● 2019/04 (1042)
   ● 2019/03 (1096)
   ● 2019/02 (1000)
   ● 2019/01 (1216)
   ● 2018/12 (1297)
   ● 2018/11 (1199)
   ● 2018/10 (1184)
   ● 2018/09 (1230)
   ● 2018/08 (1248)
   ● 2018/07 (1166)
   ● 2018/06 (1111)
   ● 2018/05 (1181)
   ● 2018/04 (1157)
   ● 2018/03 (1173)
   ● 2018/02 (1124)
   ● 2018/01 (1186)
   ● 2017/12 (1239)
   ● 2017/11 (1201)
   ● 2017/10 (1134)
   ● 2017/09 (202)
   ● 2017/08 (109)
   ● 2017/07 (128)
   ● 2017/06 (119)
   ● 2017/05 (142)
   ● 2017/04 (178)
   ● 2017/03 (192)
   ● 2017/02 (192)
   ● 2017/01 (212)
   ● 2016/12 (206)
   ● 2016/11 (208)
   ● 2016/10 (220)
   ● 2016/09 (222)
   ● 2016/08 (228)
   ● 2016/07 (223)
   ● 2016/06 (221)
   ● 2016/05 (224)
   ● 2016/04 (221)
   ● 2016/03 (228)
   ● 2016/02 (218)
   ● 2016/01 (242)
   ● 2015/12 (232)
   ● 2015/11 (228)
   ● 2015/10 (243)
   ● 2015/09 (225)
   ● 2015/08 (248)
   ● 2015/07 (234)
   ● 2015/06 (208)
   ● 2015/05 (239)
   ● 2015/04 (211)
   ● 2015/03 (230)
   ● 2015/02 (206)
   ● 2015/01 (225)
   ● 2014/12 (240)
   ● 2014/11 (229)
   ● 2014/10 (250)
   ● 2014/09 (225)
   ● 2014/08 (241)
   ● 2014/07 (243)
   ● 2014/06 (241)
   ● 2014/05 (262)
   ● 2014/04 (247)
   ● 2014/03 (271)
   ● 2014/02 (222)
   ● 2014/01 (249)
   ● 2013/12 (258)
   ● 2013/11 (297)
   ● 2013/10 (315)
   ● 2013/09 (302)
   ● 2013/08 (295)
   ● 2013/07 (319)
   ● 2013/06 (297)
   ● 2013/05 (276)
   ● 2013/04 (305)
   ● 2013/03 (348)
   ● 2013/02 (259)
   ● 2013/01 (247)
   ● 2012/12 (225)
   ● 2012/11 (192)
   ● 2012/10 (193)
   ● 2012/09 (198)
   ● 2012/08 (148)
   ● 2012/07 (132)
   ● 2012/06 (96)
   ● 2012/05 (133)
   ● 2012/04 (153)
   ● 2012/03 (98)
   ● 2012/02 (88)
   ● 2012/01 (2)
PR
MAIL

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

FOR MOBILE
QR
LINK
   ● にゅーもふ
   ● にゅーぷる
   ● ぶろにゅー
   ● matomeja
   ● つーアンテナ(*゚∀゚)
   ● アナグロあんてな
   ● アイコラp☆club
   ● Pinterest.com
   ● 動ナビブログ
   ● mashlife通信
   ● エロゲー人気声優ランキング
   ● 動ナビブログ ネオ
   ● おまとめ
   ● 2ちゃんまとめあんてな1
ACCESS RANKING
PR
フリーエリア
ブログ内検索
LINK
LINK
 
乳がパンパンに張った女の子
【悲報】 眞子さま、また流出…(※画像)
 
ミニスカートで座ってパンチラする夏目三久アナ
【画像】夏目三久アナ(31)記者会見でパ○チラ…2ch「露出狂www」「やっぱりビッチwww」
 
流出した眞子さまのプライベート画像
巨乳のお天気お姉さん、日テレでドスケベ水着を着せられるwwwwwwww (画像あり)
 
ユルユル服を着て胸チラしてる子連れママ
【過激画像】峯岸みなみのセクシー画像が予想以上にアリだったwwwww
 
【画像あり】競泳水着の篠崎愛
A●女優・上原亜衣が無修正解禁キタああああああ!ついに人気No.1女優のマ○コを拝めるぞ!
 
AV女優のつぼみ
【ボッキ注意】今更だけど平野綾のハメ撮り写真ひでーな……(画像あり)
 
日テレ「PON!」の巨乳なお天気お姉さん・窪真理
【ヌード画像】冨手麻妙、フルヌードを公開して大成功!「全裸監督」でブレイクしたぷるるんお○ぱい!
 
峯岸みなみのセクシーグラビア
アニメのエ□シーン。このレベルが地上波で放送してたって信じられる??(34枚)
 
上原亜衣
ぴっちりスーツ 乳首がクッキリなスーツこそ本当のぴっちりスーツと言える
 
平野綾のベッドイン画像
【オフパコエ□漫画】「えー♥ 逆に誘っちゃおっかなー♥ ねぇ、いつ暇?♥♥」一週間オナ禁をさせられ…
 
「東南アジア縦断 長距離バスの旅」の尾崎ナナ
和服の熟女が習字教室で筆おろし
 
磯山さやか
敏感チ●ポに大改造 男潮スプラッシュspecial
 
人妻「あの…これ本当にマッサージなんですか?」
ピンヒールで踏まれたい、ムチでペシペシして欲しいwとソッチ系じゃないワイが思った…
LINK
 
磯山さやか
【御嶽山噴火】 噴火1分前の火口写真をツイッターに投稿した女性、奇跡の生還キタ━━━━(●∀●)━━━━!!
 
加護亜依の下着グラビア
【衝撃的】御嶽山で亡くなる直前に撮られた写真をご覧ください…(画像あり)
 
ユルユル服を着て胸チラしてる子連れママ
【愕然】ソ-プランドの早朝割引にホイホイ釣られてみた結果wwwwwwwwwwwwwww
 
スリットが後ろに入ったタイトスカート
【NTR】結婚生活に退屈してた巨乳若妻が夫の上司に犯されモノの見事に調教されちゃう♪
 
ストッキングを履いてパンチラしてる女子
妻です。嫌がってたけど拝み倒して・・・ (画像あり)
 
体操着にブルマでブラジャーおっぱいを露出している柳瀬早紀
女優さん、水中で乳首ポロリしていた!水着動画アップした結果www【エ□画像24枚】